スポンサーリンク
翻訳 translation

Aブロック出場選手分析!G1クライマックス28

G1クライマックス28の全カードが発表になり、気分はすでにG1モードとなっているでしょう。

以前のブログでも書きましたが、Aブロックは遊びなしで実力が拮抗したメンバーが揃ったと思っています。

その中でも特に注目しているのが、開幕戦の7・14太田区体育館。

初戦から因縁深いカードが並べられた印象です。

出典:新日本プロレスリング:HP

今回はAブロック出場選手5人の注目ポイントと、見どころを簡単にまとめてみました。

YOSHI-HASHI

今年で3年目の出場となるG1クライマックス。

1年目は3勝→2年目は2勝→3年目は?

昨年は2勝のみですが、今年は大番狂わせに期待しています。

昨日のブログで書いた通りYOSHI-HASHIにはまだ1度しか披露していない新技“緊箍児(きんこじ)”(変型エビ固め)があります。

Aブロックを混戦に導びけるのは、YOSHI-HASHIだと思っています。

そして一番楽しみにしているのが、同門対決となるオカダカズチカ戦。

同じタイミングで凱旋帰国しましたが、常にオカダの後ろを歩いてきました。

G1初遭遇となる2人だけの特別なストーリーに、どんな感情が爆発するのか…

出典:新日本プロレスリング:HP

真壁刀義

直近3年間は、すべて4勝5敗。

今年は、久しぶりにタイトルマッチを闘いましたが、残念ながら敗れています。

2年連続NJCに出場していないだけに、今年のG1では存在感をアピールしたいところでしょう。

そして、真壁には絶対負けたくない相手がいます。

3年連続G1で負けている…

バッドラック・ファレ

今年こそはファレを降した姿を見たいです。

出典:新日本プロレスリング:HP

ハングマン・ペイジ

初出場となるペイジですが、今年に入り新日本の選手相手にシングルマッチを3回行っています。

3・25 IWGP USヘビー級選手権 vs ジェイ・ホワイト

4・7 スペシャルシングルマッチ vs 飯伏幸太

5・3 スペシャルシングルマッチ vs ケニー・オメガ

共に負けてはいますが、26歳とは思えない闘い振りで激闘を繰り広げました。

正直、どれだけの成績を残せるか分かりませんが、すべての試合が見応えのあるものになることでしょう。

出典:新日本プロレスリング:HP

マイケル・エルガン

今夏の主役のひとりになるだろうエルガンは、肉体改造に成功し、先日のNEVER無差別級選手権でも後藤洋央紀と白熱した試合を繰り広げました。

昨年は4勝5敗と期待に応えられませんでしたが、5回負けた選手の内、今年同じブロックに入っているのはオカダカズチカただひとり。

私が期待しているのは、パワーで圧倒するエルガンの姿。

体格で勝る選手はファレしかいないので、Aブロックにエルガン旋風が巻き起こる可能性大です。

出典:新日本プロレスリング:HP

バッドラック・ファレ

最近試合に出場していませんでしたが、エルガンと同様に肉体改造に取り組んでいました。

約22kg減量に成功したとのことなので、その成果が試合内容にどう現れるかに注目です。

昨年は6勝上げ、優勝した内藤哲也に次ぐ勝ち点を獲得しました。

NJCではザックが優勝しているだけに、第2戦のオカダに勝てばストップ・ザ・ファレになる可能性も十分あるのではないでしょうか。

ここまででAブロック5人の分析は終了。

簡単に分析してポイントをまとめてみましたが、昨年以上の活躍を見込める選手が多いので、この5選手だけでもAブロックが魅力的に感じられます。

残りのAブロックの選手は、また明日以降。

その時まで、トラ…

スポンサーリンク