SANADAはケニーを止められるのか?勝敗を分けたポイントとは…

出典:新日本プロレスリング:HP
真夏の祭典『 G1 CLIMAX 』




ここまで開幕戦から全勝をキープしているケニー・オメガと、1敗を守っているSANADAとの一戦。

SANADAが勝てば勝点で並ぶことができ、逆にケニーが勝てば勝点4差になる状況。

すなわち…

 

SANADAにとって絶対負けられない闘い

 

しかし、試合が始まってみればSANADAに焦りはなく、むしろ余裕すら感じられました。

前の試合で勝った飯伏戦が自信に繋がったのか、昨年のG1で負けたケニーへの準備が万端だということなのか…

 

 

この試合、ケニーが珍しい攻めをみせます。

それは…

 

『 膝攻め 』

出典:新日本プロレスリング:HP

 

基本真っ向勝負のケニーが、珍しくSANADAの機動力を奪いに膝を攻め立てました。

相手のストロングポイントを消すために関節を攻めるのは、プロレスにおいて常套手段。

しかも、試合中盤にはニー・バットでSANADAの左肩へのダメージも蓄積させました。

SANADAのタイガースープレックのクラッチが外れてしまったのも、これが理由でしょう。

 

 

勿論、こういう攻めにはSANADAの余裕を崩したかったという意味合いもあります。

それ以上に苦戦が予想される一戦で、少しでも試合を有利に運びたかったのでしょう。

それだけケニーがSANADAに脅威を感じていたということ。

 

この日のSANADAの粘りは、十分進化と呼べるのではないでしょうか。

 

ケニーのあらゆる攻撃に耐え、それでも立ち上がる姿にトップレスラーの風格が漂っていました。

 

しかし…

 

それでもSANADAはケニーに勝てなかった

出典:新日本プロレスリング:HP

 

 

正直、今日はSANADAの日になると自信を持っていましたし、SANADAの目力に勝利の予感しかありませんでした。

でも何かが足りなかった。

強いて言えば、経験の差がでたのかもしれません。

 

いや、それ以上にケニーの膝攻めがこの試合を左右したんだと思っています。

 

試合終盤、ケニーの片翼の天使に対し、SANADAがリバース・フランケンシュタイナーで切り返したシーンを覚えていますでしょうか?

出典:新日本プロレスリング:HP

 

頭から叩きつけられながらも、見事着地したケニーに驚きの表情を隠せなかったSANADA。

すかさず宙返り式のスカルエンドを狙いますが、堪えたケニーが強引に片翼の天使に切り返し、そのまま3カウントを奪いました。

 

なぜケニーは、リバース・フランケンシュタイナーを着地できたのか?

 

それは…

足に力が入らず首へのクラッチが不十分で、旋回の勢いが弱くなってしまったから

 

あくまで個人的な見解です。

 

しかし、ケニーの序盤の膝攻めがなかったら、あのリバース・フランケンシュタイナーは綺麗に決まり、試合展開も変わっていたかもしれません。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

 

この結果、ケニーは負けなしの5連勝。

誰がこの男を止めるのか?

それとも全勝のまま、優勝決定戦へ進むのか?

 

残す相手は、ザック・セイバーJr.石井智宏矢野通飯伏幸太

そして、勝ち点2差のまま内藤哲也が追走している状況も忘れてはいけません…