棚橋弘至に男気に震え、ケニー・オメガの尊敬を確信したレッスルキングダム13

IWGPヘビー級選手権試合



WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドームが幕を閉じ、感動的な試合に言葉を忘れたファンを多かったことでしょう。

棚橋弘至ケニー・オメガを破り、再びIWGPの至宝を巻いた試合。

一言でいえば、ただただ最高の試合でした。

 

あれだけ互いのプロレスを否定した両者の闘いは、どんな試合展開だったのか?

このブログでも何度も取り上げてきました。

 

棚橋はケニーの土俵でプロレスをすると言っていましたが…

 

皆さんはあの試合展開がどう映ったでしょう。

 

私には、ケニーが棚橋の土俵で闘っているように見えました

棚橋の土俵というと、ちょっと語弊があります。

正しくは棚橋とベストバウトをするための土俵

 

ただし、半分です。

 

試合序盤からケニーは棚橋に対し、打撃中心に攻め立てます。

場外でのラフファイトでも、派手な技でもなく。

ケニーが圧倒しているように見えた試合は、棚橋の言う品のない試合内容ではなかったと思っています。

場外で見せた攻撃も、テーブルへのボディスラムは棚橋の臀部から落とし、ラ・ケブラーダも鉄柵から繰り出し比較的滞空時間、落差共に少ない技でした。

 

なぜ品のあるプロレスをしたのか?

 

そこには棚橋へのリスペクトを感じました。

棚橋とならどんな闘いでもベストな試合ができると

 

結局嫌いと言いつつも、棚橋弘至というレスラーを尊敬しているんだと強く感じました。

 

 

してもう半分は、棚橋がケニーの土俵に乗るのか試したのだと思っています。

棚橋の覚悟を試したとも言えるでしょう。

 

場外でケブラーダを放った直後、ケニーはテーブルを設置しています。

 

“ワザと斜めに”

 

恐らくケニー本人は使うつもりはなかったのでしょう。

 

棚橋がこれを使ってハイフライフローを行う選択肢を与えるために、テーブルを設置した

 

結果的に棚橋は敢えて場外のテーブルの上のケニーへ向かい、ハイフライフローを繰り出しました。

これは、ケニーに対し品が無いと言っていたプロレスに当てはまることでしょう。

机を使った件に関し、試合後のインタビューで本人の口からこんな言い分がありました。

『明確なイデオロギーの境目をボヤッとさせる。

ただ勝つだけじゃない。ただ叩き潰して焼け野原で終わるんじゃない。

試合後に救いを見出す。

それが僕が理想とする、理想に近いプロレスなんです』

引用:新日本プロレス

 

あの行動はケニーのプロレスを真っ向から否定していないという、自己表現だったのではないでしょうか。

 

それを証明するためにリスクを冒し、コーナーからテーブルのある場外に決死のダイブをしたんだと思っています。

 

棚橋の“救い”って…

 

結局無茶をする男気なんだと思います。

 

 

合後、早速ジェイ・ホワイトが次の挑戦者に名乗りを挙げました。

『オマエとケニーの試合も見てたよ。イデオロギー闘争を繰り広げてたけど、そんなのはどうでもいい。

俺がオマエよりも上だということを見せてやる。

この大観衆の前で獲得したそのベルトを、俺が奪ってやる。

(中略)

今はもう俺の時代なんだ。何度も言ってるだろ? 俺がそれを証明してきた。

そして最終的にオマエのベルトを奪うことで、本当の意味で俺の時代になる。』

引用:新日本プロレス

 

昨日、NEW YEAR DASHの対戦カードを考えましたが、少し軌道修正が必要そうです。

 

間に合うタイミングであれば、この件も記事を更新したいと思います。

 

 

後に

結果としてケニー・オメガは負けて良かったんじゃないかと思っています。

これで棚橋との対戦成績は1勝1敗。

 

いつかまた棚橋と対戦し勝利するまで、他にやるべきこともでてくるでしょう。

ジェイへの借りも返せていませんから。

チェンジザワールドを見届けたいファンは多くいるはずです。

 

 

【お知らせ】

今回の東京ドームの観客動員数は、38,162人と発表されました。

これは昨年より3,000人多い人数です。

中継で見える観客席も、壮観な眺めでした。

 

来年は東京ドーム大会2DAYS

どんな対戦カードが組まれるのか…

この件に関してはいつか記事にしたいと思っています。