なぜ棚橋弘至はKUSHIDAからテキサスクローバーで勝利したのか

“独り言考察”




1・29後楽園ホール大会で行われた、最初で最後のスペシャルシングルマッチ。

 

棚橋弘至 vs KUSHIDA

 

新日本プロレス所属でラストマッチとなったこの試合は、お互い勝負に拘ったシングルマッチになりました。

IWGP現王者に勝ったという手土産に、世界に羽ばたくことができるのか。

それともチャンピオンの意地を見せつけるのか。

何より、お互いどんな思いで闘うのか…

 

試合はご覧の通り、棚橋の徹底した足攻めでKUSHIDAの機動力を奪います。

 

KUSHIDAも負けじと棚橋の腕を攻め、ホバーボードを狙いました。

 

それでもドラゴンスクリューで巻き返すと、テキサスクローバーホールドでKUSHIDAからギブアップを狙います。

足攻めからの足関節はセオリー通りの攻めですが、なぜハイフライフローに拘らなかったのか?

初めてのお客様でも技の迫力が伝わり易いハイフライフローに拘りを見せる棚橋が、この日選んだフィニッシュホールドはテキサスクローバー。

結果、KUSHIDAから見事ギブアップを奪いました。

 

棚橋の徹底した足攻めをした試合で思い出すのが、2017年11月に飯伏幸太と闘ったインターコンチの防衛戦。

この日も序盤から徹底した足攻めで、飯伏の良さを消しました。

しかし、フィニッシュホールドはハイフライフロー。

この時の意味合いとは違います。

 

テキサスクローバーで勝利を奪った試合で印象深いのは、同じく2017年6月に行われたインターコンチネンタル選手権の内藤哲也戦。

試合序盤は内藤の腕攻めに苦しんだ棚橋でしたが、ドラゴンスクリューで打開しての逆転勝利を果たしました。

しかし、ドラゴンスクリューで状況を打開しましたが、足攻めしてに徹していた印象はありません。

 

一度のハイフライフロー失敗から、テキサスクローバーによるギブアップ勝ちに作戦変更した理由は何だったのでしょう。

 

答えがでない観戦の帰り道、タイミング良く同じプロレスブロガーの『NJPW FAN』の川野さんに遭遇。

テキサスクローバーによる勝利の意味を聞くと、その理由を熱く語ってくれました。

詳細は今日アップした記事に記載されています。

川野さんの記事を読みたい方は、こちらからご覧ください。

 

恐らく彼の答えが、一番的を得ていることでしょう。

しかし、折角なので私も自分なりの理由を考えてみました。

 

なぜ、棚橋弘至は徹底した足攻めから、テキサスクローバーをフィニッシュホールドに選んだのか?

 

それは…

これから進む道の厳しさや難しさを、昨夜のプロレスで表現したのではないでしょうか

 

8年掛けて築き上げたファンとの絆、会社との絆、レスラーとの絆…

何一つ不満がないというKUSHIDAにとっ、て居心地の良い場所以外の何物でもありません。

 

しかし、これから進む道はゼロからスタートを切る茨の道。

思い通りにならないことも、力でねじ伏せられることも沢山あることでしょう。

 

この日闘ったKUSHIDAが、棚橋とのラストマッチを振り返りこう答えました。

『棚橋さんは強かったです。

今まで闘ったレスラーで一番強かったです。

何も通用しなかったっす。空っぽです』

引用:新日本プロレス

 

そう、これから進む道には今まで存在しなかった道や、何も通用しない状況も生まれることでしょう。

ヘビー級のチャンピオンが、ジュニアでも最軽量の選手にテキサスクローバーを掛ける…

どう足掻いても突破口のない状況です。

 

これから進む道はそんな不条理もあるだろうという、棚橋からKUSHIDAへのメッセージだったのかもしれません。

https://twitter.com/KUSHIDA_0904/status/1090269652003901441