東京ドームのチケットがもう転売!不正転売を無くす最も有効な方法

雑感




の6月14日に施行されたチケット不正転売禁止法

このチケット不正転売禁止法に該当するのが、①購入者氏名や座席が明記されている、②またはチケット購入の際の決済画面などで興行主が個人情報を確認する旨を明示しているものが対象になるということです。

詳細はこちらをご覧ください。

 

この法律が施行されることにより、新日本プロレスのチケット(招待券などは除く)を転売する行為はチケット不正転売禁止法に該当するということでしょう。

違反者は、1年以内の懲役または100万円以下の罰金が課せられることになります。

 

かし、新しい法律が施行されても定価を上回る金額での転売が続いているのが現状です

恐らくこの法律に曖昧な部分があることも、原因の一つでしょう。

 

そして、転売の元となる業者もこの法律に引っかかることは何もしていないという認識があります。

大手転売サイトの言い分は下記の2つ。

①売り手の利用者は『不正転売にあたらない』という誓約の元に掲載しているということ。

②買い手の利用者は『転売目的での購入でないことの確認』を受諾しないと購入できないということ。

 

つまり、利用者には不正転売は注意喚起を行なっていて、それでも不正転売する利用者は見つけ次第注意・利用停止するというスタンス。

結局は、いままでと何も変わっていないというのが現状です。

 

大手転売サイトを見れば、既に当選通知が来た来年の東京ドーム大会のチケットや、G1クライマックスの各会場のチケットが定価を上回る金額で掲載されています

 

 

、どうしたら不正転売を無くすことができるのか?

まずは、売り手の不正を撲滅すること。

新日本では営利目的でのチケット転載は禁止しています。

 

今、新日本では地道にチケットを転売サイトに出品するオフィシャルファンクラブ会員を特定する作業をしています。

時間はかかりますが悪質な売り手を特定し、ファンクラブ会員の資格を剥奪するというのが今できる対策なんだと思います。

 

う一つの問題が、買い手の救済がないということです。

ファンクラブ会員であってもチケットに落選した方、非ファンクラブ会員で行きたい大会のチケットを入手できなかった方は多く存在します。

 

今まではSNSで行けなくなったチケットを、定価以下の価格で譲渡を呼びかけていました。

しかし、新しい法律ができたことによりこの定価での譲渡に問題無いのかどうか、非常に曖昧になっています

恐らく多くのファンが混乱していることでしょう。

この件に関しては新日本から正しいアナウンスがあることを期待しています。

 

それでも買い手のニーズはまだまだあるでしょう。

(大会を観に行けなくなって)定価でチケットを売りたい方、直前で大会当日の参加が可能になりチケットを買いたい方を結び付ける方法があれば良いのですが…

 

 

こで、私が期待していることがあります。

それが…

マッチングアプリの開発

 

一度ファンクラブ会員の手に渡ったチケットを、アプリを使って買い手を募集するという仕組みです。

このアプリを開発し新日本が管理すれば、行けなくなったチケットを再販売し、買い手のニーズを満たすことができるでしょう。

買い手のニーズがある限り、チケットの不正転売の需要は無くなりません。

 

今までゲームアプリがあっても、この手の便利アプリの開発は無かったと思います。

アプリ開発自体は自社でできないでしょう。

昨年のライセンシング ジャパンにて新日本はブースを出展していましたが、多くのアプリ開発企業から営業があったと思われます。

※私が新日本のブースを覗いた時もアプリ開発会社の営業の方がいました

 

来年のレッスルキングダムは20年に1度きりのダブルドーム大会です。

つまり、販売されるチケットの数も2倍ということ。

今のままでは転売サイトで売買されるチケットも、2倍になるということです。

 

このマッチングアプリが年内に完成し、利用できる日が来ることを期待しています。