レッスルキングダム電撃参戦のクリス・ジェリコが◯◯を指定する理由

“独り言考察”



ディオンアリーナ大阪の会場が暗転した瞬間、多くのファンが“あの男”の登場を期待したことでしょう。

6月のドミニオンで、オカダカズチカに不本意な負け方をしたペインメーカーこと…

クリス・ジェリコ

 

元はと言えば、棚橋弘至がジェリコからオカダを守ったことがキッカケです。

ドミニオンで行われたIWGPヘビー級選手権で丸め込みで敗れたジェリコは、負けた腹いせに勝者であるオカダを強襲。

 

あの日『バカハシっ!』から生まれた遺恨は、最新のポッドキャストで“あっちでベルト巻いている男”について言及していました。

※『逸材がデビュー20周年、「ひろし」発言、「コンクルソ」問題、さらに東京ドームへの道を語る!?』でジェリコに付いて語っています

 

11・3大阪大会のエディオンアリーナに映し出されたジェリコのビデオレターでは、闘いたい相手と闘いたい場所と闘いたい日程を指名しました

 

ここで1つ大きな疑問が残ります。

なぜ、ジェリコは1・5東京ドーム大会を棚橋との決戦の日に選んだのか?

 

来年のレッスルキングダムは1月4日と1月5日の2DAYSです。

1・5東京ドーム大会に出場するということは、1・4東京ドーム大会には出ないということでしょう。

1・4ではタイトルマッチが既に3つも決まっています。

新日本プロレス側から、2日目の出場を打診されたのかも知れません。

 

もし、1・5東京ドーム大会での試合がジェリコ側からの指定だとしたら、一体何を意味するのか?

もしかしたら…

1・5東京ドームで生まれる二冠王者への宣戦布告

 

ジェリコがエディオンアリーナで棚橋にビデオレターを送りつけたタイミングでは、まだダブル選手権は決まっていませんでした。

しかし、多くのレスラーが二冠を口にし、二冠戦が行われると予想していたのかも知れません。

 

1・5東京ドームのメインイベントは、恐らくIWGPヘビー級王者 vs インターコンチネンタル王者との二冠戦。

史上初の偉業を成し遂げた王者は、マイクで二冠達成を喜ぶことでしょう。

 

リングを降り特設花道を引き返すチャンピオン。

特設ステージに辿り着き、リングアナウンサーにその名をコールされた瞬間が、東京ドーム大会で一番の襲撃チャンスでしょう

 

東京ドームのリングは他会場に比べ控え室から遠く、試合後の襲撃には不向きな会場です。

しかし、登場口に作られる特設ステージなら、最も控え室から近い場所と言えます。

近年のレッスルキングダムを振り返ると、特設ステージでメインイベンターの名前がコールされ、最後に花火が上がりエンディングを迎えていました。

来年の東京ドーム大会も同様の特設ステージが作られる可能性は高いでしょう。

 

過去、USヘビー、インターコンチ、IWGPヘビーのベルトを狙ったクリス・ジェリコが、棚橋首だけ取って満足するとは思えません

仮に二冠チャンピオンを倒せば、1回で2つのベルトが手に入ります。

これだけ日本で二冠が騒がれているのに、興味が無いとは考えられません

 

もし、本当に二冠王者を狙うことがあれば、毎年ハッピーエンドで終わるレッスルキングダムが、バッドエンドに変わってしまいます。

恐らくジェリコは棚橋に勝った後の展開しか、考えてはいないでしょう。

(勿論、棚橋も然り)

 

あくまでジェリコの二冠王者急襲計画は憶測でしかありませんが、棚橋を倒し襲撃が実行れれば「二冠襲撃の為の棚橋戦」とジェリコに踏み台にされたと言われてしまうかもしれません

起きるかもしれない事件を未然に防ぐためにも、なんなら棚橋が二冠王者に挑戦表明するためにも、クリス・ジェリコにはなんとしても勝利が必要です。

 

いずれにしても、イッテンゴでは伝説が創られることになるでしょう。

多くの選手が主役の座を狙っています。