欠場が決まったシュン・スカイウォーカーは緑の仮面の男なのか?それとも…

DRAGON GATE




Pocket

12・4後楽園ホール大会でBen-Kとのシングルマッチに敗れたシュン・スカイウォーカー。

試合後、Ben-Kが差し出した握手を拒否したシュンは、四方のファンに頭を下げると何も語らずリングを後にしました。

 

今年3月にはPACの持つオープン・ザ・ドリームゲートにも挑戦したシュン。

あの時はこんな状況に陥るとは思ってもいなかったことでしょう。

 

望月道場を抜けて以降、ユニットには入らずBen-Kと共闘していたシュン。

そのBen-Kが7月の神戸ワールド記念ホール大会でドリームゲートのベルトを初戴冠しました。

この日を境にBen-Kとシュンの関係は、徐々に明暗が分かれてしまいます。

 

タッグマッチで負けが続いたシュン。

Ben-Kの叱咤激励にシングルマッチのチャンスを得るも、負けるべくして負けたという印象でした。

結果、当面の試合欠場を申し入れたシュン

組まれていた対戦カードも、全て変更になってしまいました。

 

R・E・Dの謎の新メンバーとして噂されているシュンですが、この欠場でますます疑惑が深まったことでしょう。

緑の仮面の男はマキシマムの石田凱士であることが明かされ、次の12・18後楽園ホール大会では赤い仮面の正体も明かすと公言したEita

 

結局、シュンがR・E・Dの新メンバーということなのでしょうか。

 

PACとのドリームゲート前哨戦でR・E・Dの総攻撃からBen-Kを救ったシュンが、Eitaの仲間になるでしょうか。

シュンに必要なのはヒールターンではなく、環境を変えての経験なのかもしれません。

 

実は、プロレスリング・ノアでジュニアのタッグリーグの出場メンバーが発表になっています。

開催は来年1月10日。

エントリーメンバーには正体が明かされていない2人の“X”も出場となります

 

もしかしてらシュンはBen-Kに後楽園ホールで負けた場合、他団体で修行を積もうと思っていたのではないでしょうか

だから、Ben-Kとのシングルマッチに負けた後、四方の観客に頭を下げた…

他団体で武者修行してくるから、しばらくの間ドラゴンゲートを離れるという意思表示だったのかもしれません。

 

 

内最後のビッグマッチである12・15福岡大会の、全対戦カードが発表となりました。

 

【第一試合】タッグマッチ

KAI vs 奥田啓介
Kagetora 吉岡勇紀

 

【第二試合】バトルロイヤル

スペル・シーサー
K-ness.
しゃちほこBOY
パンチ富永
“brother”YASSHI
ヨースケ♡サンタマリア
箕浦康太
問題龍
椎葉おうじ
ジミー

 

【第三試合】スペシャルシングルマッチ

ドラゴン・ダイヤ vs KAZMA SAKAMOTO

 

【第四試合】団体設立20周年記念特別試合・番外編

“ハリウッド”ストーカー市川 vs 丸藤正道(プロレスリング・ノア)

 

【第五試合】6人タッグマッチ

ウルティモ・ドラゴン vs 吉野正人
斎藤了 ドラゴン・キッド
神田裕之 望月成晃

 

【第六試合】オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合

“ハリウッド”ストーカー市川 vs 丸藤正道(プロレスリング・ノア)

 

【第七試合】オープン・ザ・トライアングルゲート選手権

ストロングマシーン・J&ストロングマシーン・F&ストロングマシーン・G
vs
Kzy&横須賀ススム&堀口元気
vs
吉田隆司&ディアマンテ&H・Y・O

 

【第八試合】オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合

Eita vs YAMATO
ビッグR清水 B×Bハルク

 

【第九試合】オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合

Ben-K vs 土井成樹

 

勿論、そこにはシュン・スカイウォーカーの名前はありません。

欠場する理由は、赤い仮面の男だからなのか。

それとも、他団体に出場し武者修行するためなのか…