引退を発表したドラゲーの吉野正人がタッグ王座決定トーナメントに出場!

DRAGON GATE




野正人というレスラーを知らなくとも、団体のトップレスラーながら弱冠39歳にして引退を発表したニュースに、多くのプロレスファンがショックを受けたことでしょう。

どんなレスラーでも、どんな技でも常に怪我をするリスクがあり、それぞれの推しのレスラーの未来をネガティブに想像してしまったファンも多いと思います。

 

DragonGate Network(有料のライブ&オンデマンドサービス)では、吉野の引退についての独占インタビュー動画がアップされました。

 

2018年にはドラゴンゲート最高峰であるオープン・ザ・ドリームゲートのベルトを4度防衛した吉野。

2019年の11月に行われた大阪でのビッグマッチには、当時王者だったBen-Kが持つ同タイトルにも挑戦しています。

 

団体の最前線を走っていた選手の突然の引退発言に、動揺しないファンはいないでしょう。

普通に闘っているように見えた吉野は、首の怪我が原因で力が入らない状態にも関わらず、懸命に闘ってきました。

来年どのタイミングまで闘えるか分かりませんが、レスラー寿命が燃え尽きるまで走り続けることでしょう。

 

そんな吉野ですが、YAMATOBxBハルクが返上したタッグのベルトを懸けたトーナメントに出場が決まりました。

 

長年のタッグパートナーである土井成樹は現ドリームゲート王者であることから、今トーナメントへの出場はなし。

吉野は横須賀ススムとタッグを組み、2015年に戴冠した以来のオープン・ザ・ツインゲート王者を狙います。

全出場チームはご覧の通りです。

闘龍門世代 吉野正人&横須賀ススム
ドラゴン・キッド&Kagetora
堀口元気&斎藤了
ドン・フジイ&神田裕之
DragonGate世代 YAMATO&Ben-K
Kzy&ドラゴン・ダイヤ
KAI&ストロングマシーン・J
ジェイソン・リー&ヨースケ♡サンタマリア
奥田啓介&パンチ富永
R・E・D Eita&ビッグR清水
B×Bハルク&KAZMA SAKAMOTO
無所属 望月成晃&Gamma

 

1回戦は1・11京都大会で4試合が行われ、2回戦は1・12大阪大会で4試合行われます。

トーナメント表はこちらをご覧ください。

 

準決勝と決勝は1・15後楽園ホール大会で開催されます。

もし吉野&横須賀組が決勝に進むことになれば、1日2試合闘わなければなりません。

無理してほしくない気持ちと、引退前に再度ベルトを巻いて欲しい気持ちが交錯します。

 

2020年のドラゴンゲート後楽園ホール大会全日程と、年間のビッグマッチスケジュールも発表となりました。

 

後楽園ホール大会は毎月1回開催、ビッグマッチは7大会開催予定です。

3軍抗争(闘龍門世代とDragon Gate世代とR・E・D)に突入したドラゴンゲートですが、吉野が現役の間に決着が付くのか、どういう結末を迎えるのか想像が付きません。

 

DragonGate Networkではツインゲート王座決定トーナメント全3大会を含め、数多くの大会をライブ&オンデマンド配信で視聴可能です。

勿論、吉野正人の過去の試合も見れます。

引退を表明をしたレスラーのラストランを見届けてみてはいかがでしょうか。