全日本の宮原とノアの清宮が賛同!オールスター戦実現まであと一押し

“独り言考察”




上本門寺で毎年2月3日に行われる「節分追儺式(せつぶんついなしき)』。

このお寺には力道山のお墓があることから、毎年多くのプロレスラーが追儺式に参加しています。

平日にもかかわらず、多くの観客が集まったようです。

 

プロレスラーが参加することで有名な池上本門寺の節分追儺式ですが、今年参加した主な選手(元プロレスラー含む)はご覧の通りです。

武藤敬司(WRESLTE-1) 小橋建太(NOAH)
獣神サンダーライガー(新日本プロレス) 中西学(新日本プロレス)
秋山準(全日本プロレス) 丸藤正道(NOAH)
宮原健斗(全日本プロレス) 清宮海斗(NOAH)
長与千種 岩谷麻優(スターダム)

 

全日本プロレスからは現三冠ヘビー級王者の宮原健斗、プロレスリング・ノアからは前GHCヘビー級王者の清宮海斗という両団体を代表する選手が参加。

アットホームなイベントで、各選手どんな会話がされたのか興味津々です。

 

早速先月のプロレス大賞授賞式でオカダカズチカが提案した『オールスター戦』について、両選手が前向きな意見を述べました。

宮原『ファンの皆さんの声次第というのはあるでしょうけど。

僕個人として興味はめちゃめちゃありますよ

清宮『願ったりかなったりですよ。やりましょうよ!

当時はファンとして、僕もオールスター戦や対抗戦に夢を見ていましたから。武藤(敬司)さんと三沢(光晴)さんのタッグ対決とか、潮﨑(豪)さんと棚橋(弘至)さんの団体を背負った対決とか。自分も、ああいうヒリヒリしたギリギリな戦いを経験したいです』

引用:東スポWEB

 

 

NOAHの清宮はヤル気満々の印象で、NOAHの公式Twitterアカウントも東京スポーツの記事をリツイートしています

会社としても前向きに考えている可能性はあるでしょう。

 

一方、宮原は個人としては興味があるとしながら、ファンの支持次第と慎重な姿勢を取っています。

全日本プロレスの公式Twitterアカウントでは、この東スポの記事に触れるツイートはしていません。(2020年2月4日現在)

 

仮にオールスター戦が開催されるとして、どんな内容になるかは不明です。

各団体の提供マッチに終始する可能性もあれば、団体の垣根を超えた試合やトーナメントなど夢のカードが実現する可能性もあるでしょう。

 

どんな形であれオールスター戦が開催されるなら、大成功させる必要があると思います。

つまり、ファンが開催を望んでいなければ成り立たないと思います

全日本の宮原が言う通り、第一にファンの声が重要なのでしょう。

 

逆に多くのファンが開催を望むなら、オールスター戦開催に向け加速するかもしれません。

オールスター戦を行うことは、多くのプロレス団体にとってもメリットがあると思っています。

 

そこでオールスター戦の開催に賛成か反対かアンケートを取りたいと思います。

どれ程の票が集まるか分かりませんが、これが何かのキッカケになれば幸いです。

 

私個人の意見としては、団体の垣根を越えたオールスター戦は大賛成です。

さらに、開催されるなら3DAYSぐらいのビッグイベントにすべきだと思っています

オールスター戦が3DAYS行われれば、トーナメント開催も可能でしょう。

1DAYトーナメントでは出場する選手が大きくしぼられてしまいます。

 

昨日の記事でも書いたアントニオ猪木を大会冠名にして、『アントニオ猪木杯争奪トーナメント』開催しても面白いでしょう。

オカダがリング上で猪木の名を叫んだことは、本人にも伝わっているようです

 

多くの団体が参加するオールスター戦が実現すれば、話題性も高く大きくニュースに取り上げられる可能性もあります。

仮にテレビで中継されるような事があれば、大成功でしょう。

プロレスを知らない人にもプロレスラーの凄さや魅力が伝わると思います

 

アンケートは来週月曜の2月10日24時締め切り予定です。

集計結果はTwitterやブログで報告しようと思うので、皆様の貴重なご意見をお聞かせください。