BEST OF THE SUPER Jr.24 6/1② Bブロック最終戦@エディオンアリーナ大阪




ベストオブザスーパージュニア(以下BOSJ) Bブロック最終戦の試合結果!

 

金丸義信 VS エル・デスペラード

鈴木軍同士の対決なのでどんな展開になるか予想できなかったけど、まさかのガチファイト!最終的にデスペラードのリングアウトで試合が終わったが、仲間割れになりそうな不穏な雰囲気に。なんとかTAKAみちのくがなだめてその場を取り繕ったが・・・今後のデスペラードの動向が気になる。

デスペラード勝点6のまま 金丸勝点6→8

 

田口隆祐 VS ACH

陽気なACHと変態お尻オジサン(ヒロム命名)の戦いは、ユーモアたっぷりの試合展開だったが、後半から田口監督が真面目モードに変わり、一転して膝集中攻撃に。最後はエビ固めの応酬の末、田口監督が3カウントを奪った。

ACH勝点6のまま 田口勝点6→8

 

タイガーマスク VS BUSHI

前日のバックステージで「おまえ(タイガー)には借りがある。マスクマンとしてお前を超えてみせる」とコメント。以外にもタイガーマスクには勝ったことがないということなのか、気になってBUSHIの経歴ググったら、簡単に素顔を発見してしまいました(T_T)見たくない人はググらないように。結果はBUSHIがタイガー超えを果たし、開幕3連敗からの4連勝を飾って、優勝に望みを繋いだ。

タイガー勝点6のまま BUSHI勝点6→8

 

KUSHIDA VS ボラドール・ジュニア

KUSHIDAが勝って勝点8になった場合、直接対決で勝っている相手は →金丸、田口監督、BUSHI

すなわち、この試合どちらか勝てば勝点8で4人並ぶが、KUSHIDAが勝てばKUSHIDAの優勝決定戦出場が決まる。

また、ボラドールが勝った場合、直接対決で金丸、田口監督、ボラドールを上回るBUSHIが優勝決定戦出場となる。

開幕から尻上がりに調子を上げてきたボラドールと、イマイチ波に乗れないKUSHIDAとの一戦は、今大会のベストバウトの一つと言える試合に!ボラドールのリバースフランケンシュタイナー(リバースの場合、頭と頸椎へのダメージがハンパないので)が決まった時は万事休すと思ったが、ホバーボードロックからの新フィニッシュホールド ❝バックトゥーザフューチャー”(スモールパッケージドライバー)が決まり、勝点8に積み上げ、オスプレイとの優勝決定戦へとコマを進めた。

ボラドール勝点6のまま KUSHIDA勝点6→8

バックステージではいろんな思いを涙声でコメント ↓