つまらない試合だったのか?オカダからYOSHI-HASHIへのメッセージ

出典:新日本プロレスリング:HP
真夏の祭典『 G1 CLIMAX 』



G1クライマックス前日記者会見の一言が、この試合の注目度を上げることになりました。

 

『同じCHAOSですけど、YOSHI-HASHIさんとの試合に関しては、まあ6年ぶりにはなると思うんですけど、正直期待してないですね。

つまらない試合になると思います

引用:新日本プロレス

 

俄然、YOSHI-HASHIの活躍に期待していましたが、結果は連敗スタート。

オカダ戦前になんとかエルガンから1勝をもぎ取りましが、優勝戦線に程遠いのが現状です。

6年半振りのシングル対決となったオカダカズチカ戦では、勝てるかどうかに注目が集まりました。

 

序盤は勢いのあったYOSHI-HASHIですが、すぐに試合を支配するオカダ。

力の差を見せつけるような非情な攻めと感情のない表情で、オカダはYOSHI-HASHIのハートに火を付ける技を繰り出しました。

 

それは6年半ぶりの…

 

ネックブリーカー式レインメーカー

 

 

まるで、『YOSHI-HASHIさんなんて6年前の技で十分なんだよ』と、聞こえてきそうです。

これで火が付いたYOSHI-HASHIはオカダをギリギリのところまで追い詰めます。

このまま勝つのではと思われたファンも多かったでしょう。

私も勝って欲しいと願うのではなく、“勝てる”と期待してしまいました

 

しかし、残念ながらカルマをツームストンに切り返したオカダが、なんとか勝利をものにしました。

そう、決して余裕はなかった。

 

試合後のコメントが、本当に伝えたかった事だったんだと思います。

 

『YOSHI-HASHIさんに関しては、何もないよ。

別にこれで、「いい試合だったね」「よかったね」、あんたはもう、そんなレベルじゃないでしょ。』

引用:新日本プロレス

 

この試合でIWGPヘビー級前王者を追い詰めたYOSHI-HASHIですが、これから求められるものは…

 

“結果”

 

残念ながら新日本では結果を残さないと、生きていけないということ。

 

つまりは、生き残れ!というメッセージ。

YOSHI-HASHIのそんなレベルじゃないプロレスを見れるのは、これからです。

 

私は期待していいと思っています。

今G1でのYOSHI-HASHIの逆転劇?

いいえ、違います。

 

遠くない将来、ベルトを懸けて戦う、オカダカズチカ vs YOSHI-HASHIのタイトルマッチを。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

 

気付けば勝ち点8のトップに並ぶは、棚橋弘至EVIL

次いで勝ち点6で追走するのが、オカダジェイ・ホワイト鈴木みのる

 

次の高松で注目するのは…

 

EVIL vs 鈴木みのる

 

勝ったEVILが頭ひとつ抜けるのか、それともみのるがAブロックを混戦にかき回すのか。