ジェイ・ホワイトの「受け入れざるを得なくなる」状況とは…

真夏の祭典『 G1 CLIMAX 』




G1クライマックス開幕戦でオカダカズチカを破り、第2戦でも棚橋弘至を破ったジェイ・ホワイト

このまま無敗でどこまで行くのか注目していましまが、鈴木みのるバッドラック・ファレに敗れ開幕からの連勝は3でストップ。

この2敗の内、ファレ戦の闘い方に疑問を抱いた方も多かったのではないでしょうか?

 

それは…

意図的にレフリーにぶつかり、リング上を無法地帯にしたこと

出典:新日本プロレスリング:HP

 

 

意図的なアクシデントで審判を襲い、レフリー不在の間に反則攻撃から勝利を収め続けたジェイ。

それと同様に、レフリー不在時に仲間の介入から試合を壊し続けたファレ。

 

当然ながら、レフリー不在の状況なら介入により多勢になるバレットクラブOGに勝ち目はないでしょう。

ジェイにもCHAOSという仲間がいますが、今までの戦い方を見ていれば助けに来る可能性に疑問が残ります。

 

なぜジェイは、意図的に不利な状況を作ったのか?

 

その理由は…

 

CHAOSのメンバーで誰が助けに来るか試した

出典:新日本プロレスリング:HP

 

結局、誰も助けに来ませんでしたが、誰かしら来ると過信していたことでしょう。

 

 

重要なのはここからです。

 

 

開幕戦でオカダを破ったジェイが、リング上でCHAOSは俺のものだとアピールしました。

 

『CHAOSは俺のもの、「G1 CLIMAX」も俺のものだ!

お前らは否応なく俺と、そしてスイッチブレードと共にあるんだ!』

引用:新日本プロレス

 

額面通りなら、オカダに勝ったのだからCHAOSのボスは俺だ宣言。

 

しかし、そんな単純なことではなさそうです。

実は、浜松大会でのファレ戦後に語った一言がずっと気になっていました。

 

『このSWITCHBLADEがすべてを手に入れるのが気にくわないのか?

なにが起こっているのか。

受け入れたくなくても、受け入れざるを得なくなる。

それだけのことだ』

引用:新日本プロレス

 

 

 受け入れたくなくても、受け入れざるを得なくなる 

 

 

オカダを倒した後に言ったのではなく、仲間が助けに来なかった後に言った言葉です。

これはジェイがIWGPヘビー級のベルトを奪取し、有無も言わさない状況を作るということなのでしょうか。

それとも、ジェイを中心とした最恐のユニットの旗揚げを示唆した言葉だったのか。

 

 

以前のブログで、ジェイが新ユニットを作るなら誰がパレハになるか予想しました。

ジェイが新ユニット立ち上げたらパレハは誰?

 

もしこの憶測が現実のものとなるなら、CHAOSを分解するような大事件が起きるかもしれません。

やはり、CHAOSをかけてオカダと再度闘うことを示唆しているのか…