石井vsケニーの結末は?ゴルラヴァの呪いと災い!?G1クライマックス28

出典:新日本プロレスリング:HP
真夏の祭典『 G1 CLIMAX 』




ここまでBブロック全勝のケニー・オメガ

石井智宏がケニーに初黒星を付けるれるかどうかが、最大の焦点でした。

 

 

思えばケニーの『日本人は楽な試合をしている』発言から、どの日本人レスラーがケニーを止めるのかずっと気にしていました。

特に、その発言に反論していた内藤哲也後藤洋央紀には、ケニーと同じブロックに入ったこともあり日本人の意地を見せて欲しいと…

 

しかし、蓋を開けてみれば開幕戦で内藤が敗れ、後藤も太刀打ちできず、ここまでケニーの無双状態が続いていました。

この日の大阪の石井コールを聞けば、多くのファンが石井の勝利を渇望していたことでしょう。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

それは、石井なら日本人の意地を見せてくれると思ったから?

いいえ、もっと純粋な気持ちでしょう。

 

“石井ならケニーの連勝を止めてくれる”

 

前哨戦の石井の言葉に、ケニーを止めれるのはこの男しかいないと思った方も多いでしょう。

『全勝優勝? 俺もナメられたもんだな。ケニーに言っとけ。

「俺を見くびんじゃねぇ」って』

引用:新日本プロレス

 

ベストバウトを繰り広げてきた二人が、どんな死闘を見せるのか。

 

注目は…

ケニーの片翼の天使をどう切り返すのか

 

 

そして…

掟破りの片翼の天使を繰り出せるか

 

 

石井の勝機はそのどちらかがキーポイントとなるでしょう。

 

しかし、何度かケニーに肩車され片翼の天使を狙われますが、逃れるのか精一杯でした。

連戦の疲れで、リバースのフランケンシュタイナーに切り返せないのかもしれません。

そして、掟破りの片翼の天使も決まらない。

石井でもケニーを止めることはできないのかと思い始めました…

 

 

(恐らく)4度目の片翼の天使で、石井がとんでもない荒業を繰り出します。

 

この技をなんと表現していいか言葉が見つかりませんが、何度も闘うことにより更に進化した試合を見せれるのがプロレスの魅力だといます。

 

これまで誰も寄せ付けない強さを見せ続けたケニーですが、完璧な敗北を石井からプレゼントされました。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

この石井の勝利が、Bブロック残り2試合を何倍にも楽しめるものにしたことは紛れもない事実です。

そして、ケニー・オメガの最大のライバルは石井智宏と言えるかもしれません。

 

 

依然としてBブロック首位を走るケニーですが、次の相手は未だ1勝の矢野通

順調に行けばケニーが勝つでしょうが、今回のG1にはあるゴールデン☆ラヴァーズに関連した呪いが存在すると思っています

 

内藤哲也の2敗は開幕戦のケニー戦と、昨日の飯伏戦。

内藤が掟破りに込めたメッセージ!G1クライマックス28

 

これがゴルラヴァの呪いと言えるなら、その見返りとして災いも起きるかもしれません。

 

矢野通の唯一の1勝は、飯伏幸太。

ケニーも矢野に敗れれば、矢野が今回のG1で勝利する相手はゴルラヴァの二人。

そう…

ゴルラヴァの二人は矢野に負けるという災い

 

呪いなんて言葉自体が迷信ですが、予測できない結果になるのが矢野通の試合だと思います。

 

 

次の試合で、Bブロックの決勝進出者もかなり絞られることでしょう。

蹴落とされるのは誰になるのか、誰が生き残るのか…

 

優勝決定戦出場者が決まるまで、残り僅か2試合。