足りないものを手に入れた石井智宏への期待

出典:新日本プロレスリング:HP
“独り言考察”




<オマエには言葉が必要だ…>

 

昨日から新日本プロレスの新シリーズ、“

Road to DESTRUCTION”が始まりました。

 

注目のケニーと石井の前哨戦ですが、早速シリーズ初日から火花を散らしています。

 

最近密かに感じているんですが、前より良く喋るようになってません?

誰がって…

 

石井智宏です。

 

前ってもっと言葉が少なく印象でしたが、最近は言葉数が増えてる気がするんですよね。

気のせいでしょうか?

気になって、昨年と今年のG1公式戦のコメントを比べてみました。

 

2017年 G1クライマックス

7・21 後楽園 真壁戦

『ダメだ、全然ダメだ! クソみてぇな試合だ! あぁ、クソーッ!』

 

7・26 宮城 YOSHI-HASHI戦

『これでイーブンだ。2敗だよ、もう負けられねぇ。今日はよ、4試合目の中の1つの試合、それだけだ』

 

7・29 愛知 内藤戦

『今日、負けんのと勝つんじゃ、えらい違いだからな。でもまだ5戦だ。まだ5戦……』

 

8・1 鹿児島 永田戦

『もうトップが何敗だとか、そんなこと知らねえ。俺が負けなきゃいいだけだ。このまま突っ走っから』

引用:新日本プロレス

 

 

2018年 G1クライマックス

7・15 大田区体育館 矢野戦

『久しぶりの、初日白星スタート。だけど、まだ初日だからな。何とも言えない。また引き締めていくわ』

 

8・4 大阪 ケニー戦

『あいつ、いまが一番楽しいだろう。すべて自分の思い通りに物事が進んで。でもよ、世の中そんなに甘かねぇんだよ。人生山あり谷ありだ。必ず障害があんだよ。オメェにとっての障害、この俺だよ。今日だけじゃねぇぞ。これからもだ』

 

8・8 横浜 ジュース戦

『ジュース、しっかり治して、出直してこいよ。そしたら、また挑戦受けてやるよ』

引用:新日本プロレス

 

コメント回数やコメント量が、目に見える変化ほど変わった訳じゃなかったですね。

でも、やっぱり石井が喋るようになった印象があります。

その違いって、お分りになりますか?

 

2017年のG1は自分のことだけ話していたのに、2018年は主に相手のことを話しています。

 

そんな石井の変化が顕著に現れたのは、4・24後楽園大会のヘナーレとのシングルマッチです。

『若造、若造。痛えだろ? 苦しいだろ? 悔しいだろ? これがプロレスだ。

(中略)

それからもっと重要なこと。

それは毎試合、こういう気持ちで挑めるか。

毎試合、なんらかの爪痕、インパクトを残せるか。

そして、俺以外の人間ともこういう試合ができるかだ。

レスラーはいろいろいるから。

常に自分のスタイルを貫いて突き進むこと。それが一番重要だよ。

まあ、あいつがどうなろうが俺には関係ない話だけどな

出典:新日本プロレスリング:HP

 

この時のコメントって衝撃的でしたよね。

純粋にカッコいいと思いました。

そして、自分のことじゃなく相手のに対してのコメント。

 

<オマエには言葉が必要だ…>

 

2016年以来となるIWGP戦は、もう目と鼻の先です。

正直、来年の1・4東京ドームはケニー・オメガ vs 棚橋弘至の試合を見たいと思っています。

 

でも、もっと見たいのは…

石井のIWGPヘビー級初戴冠

 

ケニーに負けて欲しいという意味ではありませんが、滅多に来ないIWGP挑戦のチャンスなんです。

出典:新日本プロレスリング:HP

 

 

今週金曜の後楽園ホールは、タイトルマッチまで2回あるスペシャルタッグマッチ。

オスプレイ&石井 vs 飯伏&ケニー

この試合後、石井はケニーにどんな言葉を投げかけるのか?

 

 

そう言えば、石井智宏って2年連続G1で勝利した選手に、防衛戦の相手に指名されているんですよね。

昨年は東京ドームの挑戦権利書防衛戦でしたが、石井から勝利した選手がこんなコメントを残していました。

 

『彼が力のある選手だということは間違いのない事実だ。

でもなのに彼はトップレスラーではない。

なぜか?

オレと絡んで参考になっただろ。たくさんアドバイス送ったぜ?

オマエには言葉が必要なんだよ。

力は間違いなくあるんだよ。

でも彼に必要なのは言葉だとオレは思うな。

(中略)

彼がトップを目指すのであれば、オレのアドバイスを聞いた方がいい。

オマエには言葉が必要だ。

引用:新日本プロレス

 

今の石井には言葉が足りないでしょうか?

 

いいえ、言葉が足りないと言われた石井が、言葉を手に入れました。

 

もしかしたら、ベストバウトマシーンだろうがジンクスだろうが関係なくぶっ倒してしまう…

広島大会のメインで、今まで見たことのない景色を見れるかもしれません。