鷹木信悟がロスインゴの新パレハ!内藤が“失敗するかも”と煽った理由

引用:鷹木信悟Official Twitter
“独り言考察”




 

遂にロスインゴの新パレハが正体を明らかにしました。

 

その名は…

鷹木信悟

 

まさかまさかのストライクゾーンど真ん中で、ある意味これ以上の驚きはないかもしれません。

前日にDRAGON GATE(以下DG)ラストマッチを飾った言葉も、逆に真実味がありませんでした。

『DG関係者とファンのおかげで「一歩踏み出す勇気」をもらえたよ』

引用:週刊プロレスOfficial Twitter

 

今となっては、鷹木が語ったすべてがヒントでした。

 

初めて新日マット(恐らく)上がった鷹木は、その圧倒的パワーをフルに使い躍動します。

この時点ではヘビー級なのか、ジュニアヘビー級なのか分からず…

 

そして、挨拶代わりに自分の得意技を繰り出します。

“熨斗紙(のしがみ)”

 

“ラスト・オブ・ザ・ドラゴン(ラストファルコンリー改め)”

 

試合後、リングに残るBUSHIに一言声をかけたこと、この後のシリーズでジュニアタッグリーグを控えていることから、鷹木は恐らくジュニアヘビー級で参戦することでしょう。

今後の活躍が楽しみです。

 

 

結果、私は全く的外れな予想をしてしまいましたが、注目すべきはなぜ内藤哲也がネガティブな発言で煽ったのかということ。

 

失敗するか、成功するかはわからない

リスクを恐れず

一歩踏み出すことが、俺は大事だと思うから

 

新パレハが鷹木信悟だったことによる、失敗するかもしれないリスクってなんでしょう。

 

他団体のエース級の選手を引き抜いたことによる軋轢が起こるかもしれません。(実際はどちらから声をかけたかはなぞ)

いずれ裏切るかもしれないということ。(SNSのタイムラインはこの話題が多いです)

他のユニットのように、いずれ内藤とのリーダー争いが起こる可能性があるかもしれません。

 

メリットもデメリットも沢山ありそうですが、一番の理由はファンに新パレハを予想する楽しみを与えるためだったと思います。

 

両国大会直前の、魚沼大会の発言を思い出してください。

内藤『予想が当たるか当たらないか、そんなことはどうでもいいんだよ。

いったい誰なのか? こいつなんじゃないか? いや、こいつなんじゃないか?

こうやってみんなで考える時間こそ、プロレスファンにとって一番贅沢な時間であり、一番楽しい時間なんだよ』

引用:新日本プロレス

 

もし、新パレハ予告の動画がポジティブ発言だったらどう思うでしょう?

 

『俺が自身を持って紹介するパレハの加入で、間違いなくロスインゴは拡大し、そして成功することでしょう。

何かを変えたいのであれば、まわりの目など気にせず、一歩踏み出すことが、俺は大事だと思うから。

我々、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンにとって、まさにこのタイミングでしょ?

自信を持って一歩踏み出してみますよ。まぁ、あとは勝手に想像してくださいよ

 

こんな発言だったら、私もあんなに色々な可能性を探らなかったかもしれません。

内藤のネガティブ発言を深読みし、そして想像を膨らませた結果、多くの読者に私のブログを読んで楽しんでいただくことができました。(不快に思った方もいるでしょうが)

 

まさしく、内藤哲也の掌の上で転がされたトペスイシーダプロレスブログです。

 

今となっては、ロスインゴの新メンバーが鷹木信悟で良かったと思っています。

内藤と同級生の鷹木が、どんな関係性を見せるのか…

今後のロスインゴの躍進を考察する日も、そう遠くはないでしょう。