【トペブロ】チャッキーTは矢野通と石井智宏に対してもキレるのか?WTL 2018

WORLD TAG LEAGUE




またしても『WORLD TAG LEAGUE2018』(以下WTL)の公式戦で、チャッキーTが豹変しました。

 

1度目は11・29後楽園大会の真壁&ヘナーレ戦。

 

この時はヘナーレを場外に押し出し、パイプ椅子による攻撃を必要以上に繰り出しました。

最後は、リング内でパイプ椅子を頭部へ投げ反則負け。

 

翌日の永田&中西戦は何事もなく試合をしましたが、日曜の大阪大会ではまた豹変し試合を壊しています。

試合後のコメントも支離滅裂です。

『やったぜ。やってやったぜ。で、バレッタはどこだ?

勝つためなら何でもやるぞ……

引用:新日本プロレス

 

CHAOSのメンバーであるチャッキーがあのような行動に出ると、どうしてもバレットクラブに寝返るんじゃないかという話がでます。

勿論、その可能性もあるでしょうが、個人的にはバレットクラブとは無関係に思えるのです。

 

外道の時も邪道の裏切りの時も、呆気にとられるほど意外性がありました。

もし、このままバレットクラブに寝返っても驚きは少ないでしょう。

何よりオカダカズチカへの精神的ダメージがありません。

 

私達が予想も付かない展開があるかもしれないので、新たな状況が無ければ静観したいと思います。

 

“新たな状況”?

 

もしかしたら、新たな状況になりうる可能性がもう目の前に迫っています。

 

本日の兵庫大会のベストフレンズの相手は、矢野通&石井智宏組です。

つまり、今WTLで唯一組まれたCHAOS同士の同門対決

仮に矢野と石井にチャッキーが同じことを繰り返したら、CHAOS内に亀裂が入ることでしょう。

 

ここでチャッキーが豹変した瞬間を復習したいと思います。

後楽園大会では、ヘナーレのヘッドバッドを受け豹変しています。

大阪大会はバレッタの救出に入った際、エルガンのカウンターエルボーを受け場外に落ちています。

その後自力で脱出したバレッタがエルガンを場外に落とし、トペを繰り出そうとした瞬間、パイプ椅子を投げ豹変しました。

 

どちらも共通していてるのは、頭部又は顔面付近への強烈な打撃を受けてから変わったということ。

つまり…

石井のヘッドバッドが出たら豹変の可能性がある…

 

石井はのヘッドバッドは、試合終盤ピンチの時に繰り出すことが多いです。

この攻撃をチャッキーが受ける確率は1/2。

できればバレッタが受けて欲しいと思っています。

 

もしバレッタが豹変へ石井にパイプ椅子攻撃したら、石井も切れてやり返すかもしれません

そしたらCHAOS分裂まで真っしぐらでしょう。

 

気になる神戸大会の試合は、残念ながら後日配信です。

実はWTLの公式戦が1日全チーム試合するようになってからは、まだ2回しか後日配信されていません。

1回目の石川大会は翌日14時過ぎぐらい、2回目の茨城大会は翌日の正午過ぎでした。

 

昨日行われた高知大会が本日(12/4)の正午に配信されるなら、今夜行われる兵庫大会も正午過ぎに配信されるかもしれません。

 

果たして、チャッキーは平穏に試合を行うことができるのか。

それとも同じCHAOSのメンバー相手に、豹変して攻撃してしまうのか?

そして、その攻撃を受け石井はキレて反撃してしまうのか…

 

もしかしたら、CHAOS同士の公式戦という貴重な試合より、チャッキーがどうなるかの方がファンは気にしているかもしれません。

 

【お知らせ】

引き続きトペブロではアンケートを行っております。

高知大会が終わり(結果はまだ知りません)、リーグ戦も残り3節。

決勝戦に進出するチームは、どのタッグになるのか…