G1クライマックス落選の鈴木みのるが新日本以外に許せない相手

“独り言考察”



決定したブリティッシュヘビー選手権試合兼「G1 CLIMAX 29」出場枠争奪戦

一昨日更新した記事でも言及しましたが、この『G1出場枠争奪戦』にはYOSHI-HASHIにとってもリスクがあります。

いや、今回の決定が発表された時点で既にリスクを伴っていることでしょう。

 

新日本プロレス公式サイトからアナウンスがあった以上、6・25宮城大会ではタイトルマッチ兼『G1出場枠争奪戦』が行われます。

 

賛否意見があると思いますが、理不尽な事、予想もしない事が起きるのもプロレスです。

この発表に当事者のザック・セイバーJr.は、負ける要素が見当たらないのか余裕のコメントを残しています。

 

今回の一件で最も気になるのは鈴木みのるが新日本に対して何を言うのか、そしてどんな行動にでるのかということ。

 

先日の後楽園大会でも試合後にマイクを取り『なぜ!俺をG1に出さない!』と、新日本に怒りの言葉を投げ付けました。

YOSHI-HASHIの要求は通り、鈴木みのるの要求は通らないとなれば更に荒れることが予想できます。

 

要求を通したYOSHI-HASHIもこの一戦の重さを自覚し、覚悟を決めました。

 

YOSHI-HASHIの要求が通ったことを考えれば、みのるもターゲットを絞り『G1出場枠』を要求するかもしれません。

シリーズ残りの大会は、岩手大会、青森大会、そして宮城大会。

対戦する相手には、G1にエントリーされている選手が3人(オカダカズチカ石井智宏矢野通)もいます。

 

現在行われている『KIZUNA ROAD』では、全戦CHAOSとの試合が組まれています。

この状況に、鈴木みのるが何も言わないとは考えられません。

案の定、昨日行われた福島大会で思いの丈をぶつけました。

詳細は新日本プロレス公式スマホサイトをご覧ください。

 

バックステージで多くを語ったみのるですが、自身のG1出場を要求することはありませんでした

正直、意外です。

 

そう言えば6・17後楽園ホール大会を最後に、オカダの名前を出さなくなりました

なぜでしょう?

 

以前の記事でG1落選の怒りの矛先を、オカダのベルトへ向けるのではないかと予想しました。

 

当然、オカダの持つIWGPヘビーのベルトは常に狙っていることでしょう。

気になるのは、オカダの名前を出さなくなった代わりに“許さない”を連呼しているということ

 

許さないとは勿論、新日本に対してです。

そして、自分の代わりにエントリーされた選手に対しても、“許さない”と言っているのではないでしょうか

 

“あの男”がG1エントリーを公言しなければ、鈴木みのるはG1にエントリーしていたかもしれません。

“あの男”は新日本での実績が全く無いにも関わらずG1に選ばれました。

“あの男”はかつて他団体のリングで、鈴木みのるにスリーパーで締め落とされ敗れています。

 

G1エントリーの権利もなく、自分より見下している選手が20人に選ばれたことを、許さないと言っているのかもしれません

 

鈴木みのるはG1公式戦にはエントリーされていませんが、ダラス大会を除くG1シリーズ全大会に出場します。

※シリーズ最終戦の8・12武道館大会は未発表

 

そして、武道館3連戦の2日目で闘う相手は、許すことのできない“あの男”です。

もしかしたら、鈴木みのるの怒りの矛先は既に“あの男”に向いているのかもしれません。