内藤哲也の【KEEP CALM】Tシャツが発売された理由とは

“独り言考察”




新日本プロレスはマディソン・スクエア・ガーデン(以下MSG)大会に向け、新しいオフィシャルグッズが販売されました。

 

昨日、Tシャツを中心に多くの新商品が発表されましたが、日本国内では販売しない現地限定商品も準備中とのことです。

現地観戦できる新日本ファンが羨ましい限りです。

 

中でもロスインゴ及び内藤哲也のロゴTシャツが、3柄も発売されます。

この「KEEP CALM」Tシャツは、2017年1月に発売されたパーカーをTシャツにアレンジしたものです。

ちなみに、このTシャツのロゴの意味をご存知でしょうか?

 

“KEEP CALM AND SAY TRANQUILO”=『平静を保つため、トランキーロと言います』

 

実はこれイギリスで有名な言葉で、正しくは“KEEP CALM AND CARRY ON”です。

本来の意味は『平静を保ち、普段の生活を続けよ』

 

元々はイギリスで第二次世界大戦直前に、開戦のパニックや戦局が悪化した場合の混乱を防ぐために作られた宣伝ポスターです。

当時は限られた部数しか使われなかったため、あまり知られることがありませんでした。

2000年に小さな本屋で発見されたのを皮切りに、様々なデザインに用いられるようになります。

今日では多くのパロディも存在します。

今回の内藤のTシャツも、KEEP CALMを使ったパロディロゴTシャツです。

 

本題はここから。

 

なぜ、このタイミングでイギリスで有名なフレーズのロゴTが発売されたのか

 

MSGはアメリカ大会です。

ロスインゴxアメリカTシャツも同タイミングで発売されています。

しかも、アメリカ国旗バージョンと“自由の女神”バージョンの2種類もです。

 

今回の“KEEP CALM AND SAY TRANQUILO”Tシャツは、恐らくイギリスファンを意識した新商品です。

なぜ、このタイミングなのでしょう?

 

MSG大会前日、同じニューヨークでレボリューションプロレス(以下RPW)の興行があり、何人かの新日本所属レスラーも参加します。

 

ブリティッシュタッグ選手権が行われる他、石井智宏、田口監督らの試合も組まれました。

もしかしたら、この『REV PRO LIVE IN NY』内藤哲也も参加するのではないでしょうか。

 

元々この興行はウィル・オスプレイPACが組んだタッグマッチが組まれていました。

しかし、ビザの関係でPACが不参加に。

急遽組まれたのが、オスプレイと棚橋が鈴木みのるとザック・セイバーJr.が持つRPWブリティッシュタッグ王座戦ということです。

 

このカードが組まれた時、鈴木みのるがTwi 自身のInstagramでこんな一言を呟いていました。

『日本でもなかなか実現しない組み合わせがサラッと決定してしまうのも海外ならでは』

引用:鈴木みのる公式Instagram

 

もしかしたら、RPWがさらっと凄いマッチメイクを組んでしまうかもしれません。

例えば…

内藤哲也&鷹木信悟 vs 飯伏幸太&マイケル・エルガン

 

マイケル・エルガンは鷹木信悟とのシングルマッチを、自身のツイッターで熱望していました。

もし今回タッグマッチが組まれれば、今後シングルマッチに発展する可能性もあるでしょう。

 

あくまで憶測であり例えばの話ですが、結果的にブリティッシュタッグ王座戦もMSG大会の前哨戦も兼ねることとなりました。

MSG大会本戦に出場しない鷹木も、前日のMeet & Greetに参加しています。

あとは、エルガンのスケジュール次第。

 

RPWから内藤哲也の参戦が発表され、スペシャルなマッチメイクが組まれることを願うばかりです。

※もし試合が行われれば、過去の実績くら後日配信はあると思います

 

【お知らせ】

新日本プロレスのスマホサイトでもお馴染みの“広く。”さんが描く、内藤哲也主人公の青春バトル漫画『新日学園内藤哲也物語 』1巻が発売されました。

※画像に楽天ブックスのリンク貼っています

 

すでに店頭にも並んでいます。

私も前々から気になっていた漫画だったので、早速私もネットで注文しました。

上記画像にも楽天ブックスのリンク貼ってあるので、気になる方は覗いてみて下さい。