7年振りに鬼神ライガー降臨で鈴木みのるに怒りの制裁!

トペブロミニニュース




木みのるの度重なる暴行で、遂に鬼神ライガーを降臨させてしまいました。

9・16鹿児島大会で鈴木みのるへの怒りを爆発させたライガーでしたが、これがライガーが出した答えということなのか…

 

『オイ、鈴木!! お前は越えちゃいけねぇラインを越えたぞ、コラ! 俺は、ここ最後、鹿児島、このあとはもうなにもねぇんだよ。

ファンの前で、だからこそ敢えて約束するぞ!

この代償…鈴木の首、獲ります!

引用:新日本プロレス

 

鈴木軍の入場時、花道を歩くみのるを背後から急襲した獣神サンダーライガー

ライガーが花道で相手選手を襲撃する姿など、想像もできませんでした。

 

慌てて入場する他の鈴木軍メンバーと、ライガーとタックを組む予定だった本隊メンバー。

場外で入り乱れたままゴングがなりました。

リングに誰一人上がることなく始まった試合ですが、鈴木みのるがライガーにパイプ椅子で攻撃するとリングの下から取り出したテーブルをリングに上げます。

 

急襲された怒れるみのるは、リングに上げたライガーのマスクを剥ごうとします。

レフリーの注意を振り切りマスク剥ぎを続けましたが、ライガーが抵抗するとあろうことか自分の手でマスクを剥いでしまいました

 

そして、マスクの下から現れたのは…

鬼神ライガー

 

驚くみのるに鬼神ライガーが毒霧。

立て続けざまにレフリーにも毒霧をし、怒れる鬼神ライガーが鈴木みのるを襲います。

 

コーナーのテーブルに寄りかかる鈴木みのるに対して、リングの金具でその顔を狙う鬼神ライガー

辛うじてかわしたみのるでしたが、このまま控室に引き返してしまいました。

 

そのみのるを追いかけるライガーを本隊のメンバーが止めようとしますが、怒れるライガーを止めることはできず…

結局、鈴木みのるとライガー以外リングに上がることなく試合は終わってしまいました。

※鬼神ライガーのバックステージ詳細は、上記新日本プロレス公式スマホサイトでご覧下さい

 

試合の全映像は新日本プロレス動画配信サービス「NJPW WORLD」をご覧下さい。

 

 

恐らく鬼神ライガーが新日本に現れたのは2012年の6・16大阪大会。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

お互いシングルマッチを望んでいましたが、こんな形になるとは想像できませんでした。

これで終わりなのか、これが始まりなのか、今後ライガーがどんな要求を新日本に求めるのか注目が集まります。

 

両国でスペシャルシングルマッチが行われるのか。

それとも新たな大会が組まれるのか…

近日中に新日本から発表されることを願うばかりです。