新日本と女子レスラーの融合についてメイ社長に質問を投じてきました!

雑感



 

ずっと気になっていた事があります。

今年、親会社であるブシロードが女子プロレス団体を買収。

さらにブシロードの木谷オーナーが、将来的に男女の融合を目指し、新日本で男女問わない試合を目指す構想があるとメディアが報じました。

 

私が最も気になっていたのは、「新日本で男女融合の試合をすべきかどうか」ではありません。

勿論、それも気になりますがそれを議論する以前の問題です。

 

以前、メイ社長のトークショーに参加した時、そのイベントに参加したファンから「なぜ新日本は女子部門を作らないのか」という質問が出ていました。

その時、メイ社長は力強く即答していたのです。

『私達(新日本)は、まだ達成していないことが沢山あります。

定めた目標にまだまだ届いていないのに、新しいこと(女子部門)に挑戦することはできません。

納得できる結果を残せたとき、次のステージに進むと思います』

 

当面の女子部門設立を否定し、まだまだ今の新日本でやるべき事があると答えたメイ社長が、男女融合の噂にどんな見解を述べるのか…

 

スターダムの買収ニュース以降、新日本プロレスからもメイ社長からも、この一件に関するコメントは一切ありません。

メイ社長の胸の内を知りたく質問したいと思っていましたが、なかなか会える機会もなく…

 

そんな中、メイ社長に確実に会え、質問できるチャンスを見つけました。

それが、日経新聞社主催で行われたメイ社のセミナーです。

『新日本プロレスのメイ社長が語る、次世代のリーダーシップの極意!』

 

勿論、メイ社長のビジネス論も楽しみにしていましたが、質問したいという使命感にも駆られていました。

今回はそのセミナーに参加した感想と、私がメイ社長へどんな質問をしたのかをお伝えします。

 

まず、主催者側(日経新聞社)から事前に挙手制での質疑応答は行わないとのアナウンスがありました。

その代わり「slido」というブラウザを使ったインタラクティブにQ&Aできるサービスを使って、質問をして下さいとのこと。

セミナー最後に質問コーナーが設けられるということで、事前に2つ程「slido」に質問を書き込みました

 

メイ社長に直接質問できる可能性は無くなりましたが、質問が選ばれなくても私の質問を残したという意味では、当初の目的を半分クリアしたと言えるでしょう

 

今回のセミナー中は基本的に撮影禁止(大人の事情で)ということだったので、撮ってもOKとアナウンスがあった時だけ写真を撮っています。

 

ちなみにこちらはメイ社長が所持するチャンピオンベルトで、誰も奪うことのできないベルトだそうです。(防衛戦が無いから)

このようなイベントでしか披露しない貴重なベルトです。

 

今回のセミナーの内容は12月17日に発売されるメイ社長署『百戦錬磨 セルリアンブルーのプロ経営者』の内容も含まれるということなので、あまり具体的な事は言えません。

 

ただし、セミナーの内容が『百戦錬磨』に含まれるのなら、多くの方に読んで欲しいと思いました

セミナーではプロ経営者と呼ばれるメイ社長の「リーダーシップの極意」に付いて話されていましたが、決して堅苦しい内容ではありません。

 

現在経営者である人

経営者を目指す人

理想のリーダー像に近づきたい人

これからリーダーを目指す人

リーダーに恵まれない人

上司のリーダーシップに疑問を持つ人

転職活動でステップアップを目指す人

周りに認められたい人

 

人生において向上心のある全ての人に聞いて欲しい内容でした。

少しでも興味が湧いた方は、下記リンクから詳細を読んでみてください。

百戦錬磨 セルリアンブルーのプロ経営者 [ ハロルド・ジョージ・メイ ]

※現在予約受付中です

 

メイ社長のセミナーは約90分で終わり、ここから質問タイムになりました。

質問の選定者は主宰側の関係者。

会場に一番乗りできた私は、質問を2番目に書き込むことができました。

 

ブラウザサービスの「slido」の性質上、セミナーに参加した方は他の方の質問を見る事ができ「いいね」で評価することができます。

そして、いいねの評価の高い順、次に投稿の早い順で上から表示される仕組みです。

 

結果、私の1つ目の質問は上から3番目に表示されました

その質問の内容はこちらです。

『親会社と子会社の関係で質問です。

もし親会社から近い将来、関連会社の女子プロレスラーを新日本のリングに上げて欲しい(女子レスラー対男子レスラー)という要望があったら、どのように回答しますでしょうか?または、どう思いますでしょうか?』

 

では、この質問は読まれたのか?

 

表示された1番上の質問と2番目の質問は選ばれましたが、残念ながら私の質問は読まれることはありませんでした。

結局、3つ目は他の質問が選ばれセミナーも終了。

 

しかし、このブラウザサービスの質問は今でも読むことができます。

恐らく真面目なメイ社長は、全ての質問を読んでいることでしょう

 

そして、メイ社長の著書『百戦錬磨』が発売される12月17日までには、今回のセミナーの報告と本の宣伝を兼ねて「ハロルドの部屋」が更新されるはずです

※「ハロルドの部屋」はメイ社長が不定期に更新する無料コラム

 

次の「ハロルドの部屋」で何らかの見解が書かれるのか。

それとも『百戦錬磨』に今後の新日本のビジョンが書かれているのか…

いずれにしても、メイ社長の次の発信を楽しみに待ちたいと思います。

 

 

【お知らせ】

この度、トペスイシーダプロレスブログは累計1,000万ページビューと、1,000記事更新を達成しました。

 

今後もプロレスをもっと楽しむ為、プロレスの地位向上の為にブログを更新し続けたいと思います。