【トペブロ】勝ちに等しい負けだった?棚橋オカダ夢のタッグ第2戦を観戦写真で振り返る

“独り言考察”




『もっと………華々しくいきたかったね』

 

これはオカダカズチカと夢のタッグを組んだ、11・29後楽園大会後の棚橋弘至のコメントです。

 

夢のタッグ1戦目は見せ場もあまり作れず、ジェイ・ホワイトらバレットクラブに完封負けしてしまいました。

 

前回のブログで言った通り敗北の原因は、チームとして機能していなかったから。

 

その理由として、オカダが棚橋の入場を待たずしてジェイに手を出し、試合が始まってしまったこと。

そして、ジェイに制裁を加えたいがためなかなか棚橋やKUSHIDAにタッチしなかったことを挙げました。

勝利することを最優先とするなら、棚橋がリーダーシップを取ってチームとして闘う必要があるだろうと思っています。

 

では、第2戦となった11・30後楽園大会はどうだったのか?

 

 

第1戦目同様、バレットクラブが先に入場し棚橋とオカダを待ちます。

レインメーカーの入場曲に合わせて入場したのは、オカダとロッキー・ロメロ

ここでロッキーが時間を稼ぎ、オカダがリングインする前に棚橋とKUSHIDAが到着しました。

このまま場外で衣装を脱ぎ、臨戦態勢を取ることに。

 

結果、オカダが孤立することなくロッキーとKUSHIDAの連携で、バレットクラブの出鼻をくじくことに成功しました。

 

続いて棚橋が早々にロッキーとタッチを交わします。

正確には、ロッキーの背中を叩き自ら試合の権利を得ました。

 

ここからはバレットクラブの攻勢が続き、棚橋の耐える時間が続きます。

オカダを温存することに成功しましたが、オカダ本人はこの棚橋の闘い方を見て何を感じたのでしょう?

 

先頭に立ってバレットクラブに対峙し、目下の敵ではない相手に身体を張り続ける。

 

オカダの棚橋を見つめる目は、“なんでそこまでして闘うんだ”と言わんばかりの表情でした。

我慢できず助けに入ろうとしたオカダを、ロッキーが止めます。

 

それは、オカダが入るタイミングそこじゃないと思ったからでしょう。

 

結果、最高のタイミングでリングイン。

外道を蹴散らし、ジェイには得意のドロップキックを見舞います。

 

試合終盤、棚橋とオカダの連携が成功します。

この場面では躊躇するオカダに、棚橋が激を飛ばしました

 

個人的には、このシーンがこの試合一番のハイライトだと思っています。

 

結局、最後は石森太二のブラディークロスをくらったロッキーが3カウントを奪われてしまいましたが、私は勝ちに等しい負けだったのではと感じました。

 

この日もオカダは試合後リングに上がり、ジェイのブレードランナーの餌食になってしまいます。

 

この日は後楽園第1戦目に比べ格段にチームとして機能していました。

そこにはバランスを取るロッキーとKUSHIDA、リーダーシップを発揮する棚橋。

普段みることができないユニット間を超える連携は、見るものを魅了しました。

勝利こそ手に入りませんでしたが、それ以外は後楽園に“幸せの雨”が降っていたのではないでしょうか?

 

怒りまかせにジェイに挑むオカダは、コーナーからこの3人の勇士を見て何を感じるのか…

 

私にはオカダが棚橋とタッグを組むことに、まだ迷いがあるんだなと感じました。

以前のコメントでタッグパートナーのYOSHI-HASHIをを待つと言ったり、今回の棚橋とのタッグを期待しないで下さいと言ったり…

まだ心の準備ができていないのは、オカダカズチカ本人かもしれません。

 

オカダが棚橋のパートナーとして闘う覚悟が持てたとき、バレットクラブと対等以上に闘えるでしょう。

それまでは夢のチームを引っ張る棚橋の背中を見て、何かを感じればいいんだと思います。

 

それほどまでに、今のエースは頼もしい。