ケニー・オメガが気付いた間違いとは?イデオロギー論争に終止符が打たれた理由

“独り言考察”



もしかしたら昨日の前哨戦で、イデオロギー論争は終わってしまったのかもしれません

 

年内最後の興行となった12・15後楽園ホール大会。

メインを飾ったのは勿論…

ウィル・オスプレイ&棚橋弘至 vs 飯伏幸太&ケニー・オメガ

 

オスプレイ対ゴールデン☆ラヴァーズ(以下GL)とのタッグマッチは、確か今年で3度目。

棚橋弘至がパートナーに加わっても、変わらずベストバウト級の試合でした。

 

この試合、もっとも観客を沸かせたのはウィル・オスプレイ

 

この試合が始まる前までは、まだ飯伏の視界にオスプレイは写っていませんでした。

 

飯伏の視線を自分に向けるために、オスプレイが躍動します。

 

ふと思ったのですが、プロレスを知らない人に『プロレスが面白いの?』って聞かれたら、この試合を見せたらいいのではないでしょうか?

今の新日本を象徴する試合で、プロレス最高峰ってここまで異次元な世界なんだって自慢するべきでしょう。

プロレスを見ないなんて勿体ないと。

 

話は逸れましたが、年内最後の試合に相応しいベストバウトは、GLに軍配があがりました。

 

試合後、横たわりながらもオスプレイと熱い握手を交わした飯伏が、ケニーにマイクを振られこう答えます。

『特にありません。

でも、僕は言いたいことがある。

今日の試合で、オスプレイと自分の試合は、絶対に、絶対に、いい試合になる。

いい試合をした上で、また1月5日、帰って来たいと思います』

引用:新日本プロレス

 

これで飯伏の視線は、オスプレイに向きました。

1・4東京ドームの第1試合『オスプレイ vs飯伏』は、ベストバウトから始まることが確定しそうです。

 

そして、この日のマイクパフォーマンスでケニーの口から予想もしない言葉が聞けました。

『最近、気づいてるよ。

私、思ってたほど、人気じゃなかったんですね。

だからさ、俺の考え方は正しいかと思ったんですけど、ま、もちろんタナの考え方も正しくはないと思ってるんですけど、もしかしたらさ、2人とも間違っているかもしれない。

ホントの一番いいスタイルは、今日みたいな試合、すべてを懸けて、全力で、魂で、試合をやる…のが!

正しいんじゃないですかね?』

引用:新日本プロレス

 

イデオロギー論争と銘打って煽られた、棚橋とケニーのIWGPヘビー級選手権。

お互いを否定する発言から、SNSでは両選手に非難のコメントも飛び交いました。

そんな批判をSNSで見たのかもしれないし、もしかしたらケニーはこの番組を見たのではないでしょうか?

 

『もうすぐイッテンヨン!新日本プロレス大忘年会2018』

 

私もこの番組を途中まで見ましたが、後半は見るのを止めてしまいました。

その理由は…

この質問コーナーが残酷だったから

 

プロレスは残酷であってはならないと言ったのは、棚橋の言葉です。

これ以上のイデオロギー論争は無意味だと気付いたケニーが、『2人とも間違っているかもしれない』と言ったのは、この日でこの論争に終止符を打ちたかったのではないでしょうか。

 

ケニーが『レッスルキンダム13』で見せたいプロレスは、イデオロギー論争というフィルターがかかった小難しい試合ではないはずです。

東京ドームのメインイベントで見せたいプロレスは…

説明などいらない、見るものすべてを魅了できるプロレス

 

1・4東京ドームのメインイベントに、イデオロギー論争という闘う理由は必要なくなったのかもしれません。

『すべてを懸けて、全力で、魂で、試合やる』

闘う目的はこれで十分なんだと思います。

 

 

最後に、私のTwitterのフォロワーさんならご存知の方も多いと思いますが、12・14後楽園大会で行われたケニーのサイン会に参加することがでいました。

運良くサイン会の整理券が貰えた私は、サインをもらうタイミングでケニーにこんな言葉を投げかけました。

私『来年も再来年も、ずっと日本に、新日本にいてください!』

ケニー『勿論デス』

 

リップサービスかもしれませんが、私はこの言葉を信じたいと思います。

ひとりのレスラーとしても、ゴールデン☆ラヴァーズとしてもやり残したことはまだあるはずです…